内臓脂肪

脂肪と聞くと嫌ですよね。
特に女性は思うところが多いと思います。

 

ただ、生まれながらにある皮下脂肪は、体系を作っているものであり、必要なものです。

 

お腹につくものなどは、内臓脂肪であり、いりませんね。
臓器自体につく脂肪はもっといらないです。

 

ただし、内臓脂肪も0では、内臓が動く、遊走腎になりかねません。
立っているときと寝ているときの腎臓の位置が5センチ以上動く人で、
女性の2割の人がこの症状とも言われます。

 

腰痛や血尿になることもあるので非道場合は治療が必要になります。

 

脂肪細胞は、栄養が入ってくると膨らみ、花火のようぬ分裂します。
これは限りなく増え続けます。

 

お腹の周りは、体脂肪と、皮下脂肪があります。

 

基本的に食べすぎた分が脂肪になり、貯蔵されている状態になっています。
皮下脂肪になるか体内脂肪になるかは、個人差があります。

 

内臓脂肪型の肥満は男性に多いです。

内臓脂肪記事一覧

怖い内臓脂肪

内臓脂肪は、見た目ではわかりにくいこともある、内臓のまわりについた脂肪です。食べるのが早かったり、おやつの好きな人。ストレスを抱えている人も内臓脂肪がつきやすいです。内臓脂肪の付きすぎによって、高血圧、心筋梗塞、脂肪肝、脳梗塞、糖尿病にもなりやすいです。これらは、全て育毛を阻害します。徐々についた脂...

≫続きを読む