若さを保つには

私はどちらかというと若く見られます。

 

そこで私が行っている若さを保つ方法をまとめていきます。

 

キムチを食べる。
:発酵とトウガラシの効果がいい。ただし中国産は良くないです。

 

食べ方
:苦しいほど食べない。

 

飲み物
:サンザシが入ったものを飲む。ミネラルの多いお茶。

 

砂糖。
:希少糖をおもに使う。オリゴ糖が入ったもの。

 

ストレスをためない。
:朝からストレス対策。とにかく笑顔。

 

運動。
:疲れない、いたくない運動。軽い運動がベスト。

 

睡眠。
:寝られるだけ1日5時間以上の睡眠を確保。

 

さて、そのほかにいろいろなものがあります。
こちらでまとめていきます。

 

なお老化が加速しだしたときにおこる最初の現象は睡眠が浅くなるというものです。
これは多くの人に起こりこのことによって様々な良くないことが起きだします。

 

 

若さを保つには記事一覧

毛細血管を救え

同じ年齢でも、若く見える人。そうでない人がいます。ということは、若く見える何かがあるということです。その中に毛細血管があります。毛細血管は誰にでもあります。しかも1本につなぐと信じられない長さ、地球2周半と言われます。ただ細いので目には見えないくらい。伸びもしますが、年齢とともに、血液が流れない管。...

≫続きを読む

 

基礎代謝

年齢とともに基礎代謝が落ちるといわれ信じています。それで同じことをやってもエネルギー消費しないので、太ったり。まあ、限界はありますが、日々運動をすることが習慣になっている人は、基礎代謝がそれほど落ちていません。基礎代謝が落ちていないと若さを保つ大きな味方になってくれます。日々の努力ですね。がんばりま...

≫続きを読む

 

タバコをやめよう

タバコは良くないといわれ続けています。吸えるところも少なくなりましたね。タバコは肺を悪くするほか、血管にも悪影響を与えます。海外では妊娠中の女性がタバコを吸う事により、遺伝子に傷がつくことによって、一定年齢になるとキレる子供が生まれる可能性が高くなるそうです。タバコはストレス解消で、肺がんに必ずしも...

≫続きを読む

 

ながら運動は掃除が一番

なかなか掃除しなさいとか言われても面倒なもの。面倒なものは続かない。結局三日坊主に!!これを運動の代わりだと思えば少しできるようになるのでは!しかも様々なところがきれいになり!気分までよくなってきます。長時間しなくてもいいので続けましょう。掃除をしながらの運動になります。まずはステキな家に住みたいと...

≫続きを読む

 

ドローイン、腹圧

インナーマッスル鍛えるには、息を吐くときに、お腹をへっこませるようにしましょう。これをドローインといいます。いつも気を付けるようにしましょう。くせになればばっちり。呼吸も深くなります。全員の筋肉も切らえられ始めます。呼吸は止めないでください。ドローインしながら軽いストレッチも効果的。気持ちいい程度で...

≫続きを読む

 

感情をつかさどる脳

若いうちはもっと感情があったはずなのに・・。これも1つの老化現象です。感情は脳の中でも前頭葉がつかさどっています。老化つともに徐々に前頭葉はちぢみ、感情、やる気、医師、試行、知性、性格がダウン。でもあきらめなくていいです。復活させましょう。前頭葉の血流を徐々に上げていけばいいです。そのためには、読書...

≫続きを読む

 

作り笑い

暗いことが多いと笑うことが少なくなります。笑うとしわができるという人もいます。でもそれこそ暗い!暗い!鏡を目の前に置いて笑ってみましょう。笑いは、免疫力を高めたり、自律神経を活性化してくれます。免疫細胞ナチュラルキラー細胞をを活性化。テレビでも何かを思い出して笑うのもいいでしょう。脳はリラックスして...

≫続きを読む