ほくろ

ほくろは、生まれ持ってあるものや、年齢とともに増えるものなど様々です。
原因はそこそこまでしかわかっていません。

 

シミなどと違って、腫瘍になります。
ほとんどが良性ですが、悪性のものもあります。
かたまりです。シミはまだらな色で平です。

 

レーザー治療の場合、焦がしてはがすというより、完全に焦がして、削除する感じです。
他の皮膚とは完全に独立した色を示しています。
境界線がはっきりしているという意味です。

 

成長過程において色素細胞になりきれなかった母斑細胞が増殖することで生じるものです。
医学的には、母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)あるいは色素細胞母斑と呼ばれます。

 

削ったり切ったりして削除します。色素取るだけでは再発しやすいです。

 

脂漏性角化症・・老人性ほくろ。
年齢や紫外線によってできます。

 

良い睡眠と良い食事で肝臓の調子をよくすることで、若干ほくろが薄くなることもあります。
一般的には美容クリニックで、レーザー除去してもらうことになるでしょう。

 

預診、望診ではほくろが病気の経絡上にあったり、
顔にあるほくろは、部位による器官や、分泌腺の弱さを表しているといわれます。
よって、改善することにより、色が薄くなる可能性があるといわれます。
過剰な老廃物が出ることによって、薄くなるといわれます。
右は、陽で、動物性食品や、味の濃い食品のとりすぎの可能性。