気血水

人間が人間として生きていくうえで大切な物質が、東洋医学では3つあるといわれています。

 

これが気血水です。

 

は、私達が生きていくためのエネルギーです。これにより体を動かすことができます。
あまり動かない人や、ストレスには要注意。
呼吸法で気の流れをアップしましょう。
腹式呼吸・・上向きに寝ながらお腹を膨らませたり引っ込めたり。
胸式呼吸・・立って手を腰に当てて横隔膜が動くのを感じ、吸うときは方が上がり気味、履くときはみぞおちが硬くなる感じ。

 

は、血液です。
調子が悪いと、お血状態、つまり血液がドロドロした状態になっています。季節など体の周りの温度も影響。

 

は、動く部分を潤して、スムーズに稼働することを助けています。
甘いもの、脂っこいもの、コーヒーなどを大量に摂取すると、滞りが始まります。

 

この3つがスムーズに体内をめぐる必要があります。
異常があると、体調が悪いと感じます。