糖化

糖化現象とは、入りきれない余分な糖がたんぱく質や脂肪と結びついた状態のことです。
変性・劣化する生体反応です。糖化ストレスとも言われます。

 

糖化することによって・・
肌の繊維がもろくなり、たるみ、くすみなどの老化現象を引き起こします。

 

また、体調不良やさまざまな病気の温床にもなります。

 

このことによって育毛が低下します。
いやですよね!

 

体温の熱が関与することから、体が焦げる老化とも言われます。

 

この現象を食べ物で見ると・・
からあげや北京ダックのように香ばしくておいしいというイメージですが、
生きた細胞にとってはダメージでしかない現象です。

 

育毛剤。糖化

 

糖化は、知らず知らずゆっくりと進行して行きます。
いい方だったらいいのですが、怖いことです。

 

 

糖と結び付いたタンパク質は役割を果たせず、
コラーゲンの分解や再合成という本来の代謝サイクルが滞ることで正常のタンパク質は失われていきます!
髪の毛は。タンパク質とアミノ酸で出来ているので、糖化が進むと頭皮・髪の毛の老化が加速します!
タンパク質のミイラ化が始まります。
スローミイラ化とも言います。
髪の毛の主成分ケラチンも糖化しやすい物質です。
薄毛が加速・・・・

 

 

この糖化により頭皮が硬くなることを防ぐことが出来れば、
頭皮が柔らかくなり血行が良くなり
育毛剤の浸透良くなり
毛根の充分な栄養を送ることが出来るようになります。

 

 

 

糖化が進むと髪の毛の内側が軟化します。これは切れ毛の原因の1つになります。
またキューティクルの透明度が低下して、髪の毛がくすみ、つやがなくなります。
糖化まで進んでいくと一方通行で元に戻らなくなります。
怖いですね。