エマルシファイイングワックス

簡単に作ることができる乳化ワックスです。
オイルと精製水を60度くらいにあっためた状態で、3分ほど混ぜて、続けて1分冷やした状態で混ぜます。
パーム乳化ワックスは生活の木などで販売されています。

 

クリームや乳液の材料となる水と油は、本来お互いに混ざり合わない性質を持っています。
これらを混ぜ合わせる役目をするのが乳化ワックスです。材料全体の5%以内を目安に加えて下さい。
これは簡単に作ることができて、安心です。
界面活性剤を使っていません。

 

一般的なクリームと乳液の作り方を紹介します。

 

〈クリーム〉
 ・乳化ワックス………3g
 ・オイル ……………15g
 ・精製水矢フローラルウォーター………25〜30g

 

乳化ワックス3g使うところ1gをステアリン酸に置き換えてクリームを作ると安定したものになります。

 

〈乳液〉
 ・乳化ワックス………3g
 ・オイル ……………15g
 ・精製水やフローラルウォーター………55〜70g

 

乳化が不安定なときはキサンタンガム・クリアーを0.2gいれる事もできます。

関連ページ

ナチュラルコスメの容器について
滋賀県東近江市八日市で営業している美容室です。おうちで出来る、手作りクリーム、ナチュラルコスメの容器について注意事項を書いておきます。
ミネラルオイルについて
滋賀県東近江市八日市で営業している美容室です。おうちで出来る、手作りクリームの材料について公開しています。すべてが悪いとは言いませんが、ミネラルオイルを使い続けることはあまりお勧めしません。
手作り化粧品の材料表
滋賀県東近江市八日市で営業している美容室です。おうちで出来る、手作り化粧品の材料について公開しています。ここでは、食材以外に使う材料について紹介。