顔を若返らせる方法とは・・・・

二十歳を超えると、男女を問わず、顔の見た目を少しずつ気にするようになります。
あれ!いつもと違う。こんな風じゃなかった。
これが、40代以上になるとかなり深刻になってきます。

 

対策

 

おでこのしわ、みけんのしわ、ほうれい線、ゴルゴライン、あごのたるみ、目のたるみ、などなど
気にすると全てが嫌になってきます。

 

まあ男性は、あきらめる人も多いですが、女性にとってみれば大問題。
日々悩みが増えています。

 

肌のなやみ

 

まずは準備運動をして、リンパの流れを良くして、個別に刺激。

 

なお注意事項は、クリームをつけておくことと、力の入れ加減。

 

最後にくせをつけることです。
まずは1か月頑張ってきましょう。

 

さまざまな方法

 

顔を若返らす方法は、さまざまなものがあり、
1つですごく効果が出る場合もありますが、

 

直接肌につけるもの
マッサージ
食べ物
運動

 

など、複合的にやったほうが効果も高く、結果も早いです。
顔を若くしたい!!
と決めてしまい、頑張りましょう。
遠回りしては、諦めの原因になってしまいます。

 

見た目も心も元気になっていきましょう。
たまには空を見ながら思いっきり深呼吸しましょう。
若返るのはあなたの番です。

顔を若返らせる方法とは・・・・記事一覧

顔を若返らすためにやる初めの運動

顔を若返らすためには様々なことをやらなくてはいけません。基本的に、リンパを流れやすい状態を作り、リンパを流し、固まった骨と皮を外し、マッサージしていきます。まずは、リンパを流れやすくするための運動を紹介。後ほど動画にもとります。まずは、椅子にるわってリラックスして、右手を肩の上に置き、首を右に傾けま...

≫続きを読む

 

顔を若返らすために行うリンパマッサージの下準備

リンパを流すためにリンパの通り道をほぐしておきましょう。右手をグーに握る間隔で、右の首筋をもみます。首は、少し左に倒しておきます。小指は下から外方向で、頭方向から肩に向かって下に降りていくようにも見ます。親指と、人差し指の根元の方でもむ感じです。左右15秒くらいを2回。耳の後ろから鎖骨方向に向かった...

≫続きを読む

 

頭蓋骨と皮膚をはがしていきます

以前は、皮膚と頭蓋骨がはがれるとたるむと言っていましたが、今は、皮膚を動きやすくなるためにマッサージの前に、頭蓋骨と皮膚をはがしてもらいます。頭も顔も基本的には皮膚をつまみます。顔はそれほど力を入れなくていいです。頭はしっかり力を入れましょう。*この時の注意事項は、かおはまっすぐかすこしうえ手硬いの...

≫続きを読む

 

リンパを流していきます

おでこの中心から耳の前耳の前から耳の下耳の下から肩鎖骨の上*40秒マッサージしますが、首は反対の方向に倒して、鎖骨の部分に筋が入っていく痛いところが中心です。凝っている人が多く結構いたいです。鎖骨の下からワキ

≫続きを読む

 

おでこのしわを薄くしていきます。

おでこのしわの原因は、老化もありますが、一番は癖です。おでこに手を当てて、目を上にやった時しわを感じたら要注意まずは筋肉をほぐして、頭の皮膚を動きやすくします。まずは首の付け根の筋肉を押していきます。ただし高血圧の方は首のマッサージはやっちゃダメ。急に血流が上がった後でしんどくなる人がいます。親指以...

≫続きを読む

 

しわを薄くする手作り化粧品

ここでは、しわを薄くする手作り化粧品について紹介します。なお、手作りのクリームは個人差があるため、完全なる自己責任でお願いします。かゆい、赤くなった、などなどすぐに中止しましょう。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もいれば合わない人もいます。トラブル防止のために...

≫続きを読む

 

手作り洗顔せっけん

石鹸は、どうせ洗い流してしまうのだから、多少安いのでもいいような気がしますが、とことん手作りにこだわるなら作ってしまいましょう。使えばその違いウィ感じていただけます。(用意するもの・作り方)M&Pグリセリンソープ100グラムを電子レンジであっためて溶かします。500ワット15秒から解けるでしょう。そ...

≫続きを読む

 

手作りクレンジングクリーム

クレンジングは、きれいはお肌を保つうえでとても大切です。いかに肌に負担を掛けず。綺麗にすることができるか。ここでは、手作りで作ることができる、クレンジングクリームを紹介します。(用意するもの・作り方)ホホバオイル10mlセサミオイル10mlビーズワックス2グラム小麦胚芽油1mlビタミンE1滴を入れ物...

≫続きを読む

 

目の下のたるみを解決しましょう

目の下のたるみは気になりますよね。初めに行うことはいっしょ。その後で、たるみの原因を改善していきましょう。まずは目の周りの筋肉をはぐしていきます。眼輪筋といいますね。この時のマッサージで恋気をつけてほしいのが、目の下です。くぼんだり、脂肪が出てきてぷっくり膨らんでいるところ。ここは最後に人差し指の、...

≫続きを読む

 

目のしわを取る手作り化粧品

マスクをしていると目元は気になりますよね。そこで目元専用の手作り化粧品を紹介。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もいれば合わない人もいます。トラブル防止のために、肌に傷があるときや、湿疹等があるときは使用しないようにしましょう。合わないと感じた時はすぐに洗い流し...

≫続きを読む

 

目の周りをきれいにする手作り化粧品

目の周りって気になりますよね。特に目の下はクマになったり。そこで手作りできる目の周り専用の化粧品の紹介をします。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もいれば合わない人もいます。トラブル防止のために、肌に傷があるときや、湿疹等があるときは使用しないようにしましょう。...

≫続きを読む

 

シミを薄くする手作り化粧品

シミを薄くする手作りクリームは数多くあります。そこで、効果がありそうなものを紹介していきます。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もいれば合わない人もいます。トラブル防止のために、肌に傷があるときや、湿疹等があるときは使用しないようにしましょう。合わないと感じた時...

≫続きを読む

 

シミたるみを予防する手作り化粧品

しわやたるみって、気になりますよね!特に周りを見た時自分は大丈夫かしらと。そこで出来る前に防ぐことが期待できる手作り化粧品を紹介します。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もいれば合わない人もいます。トラブル防止のために、肌に傷があるときや、湿疹等があるときは使用...

≫続きを読む

 

肌を白くする手作り化粧品

生まれ持った肌の色は、整形でもしない限り変わりませんが、紫外線や老化などで変わってきた肌の色を少しでも白くする方法を紹介します。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もいれば合わない人もいます。トラブル防止のために、肌に傷があるときや、湿疹等があるときは使用しないよ...

≫続きを読む

 

毛穴をわかりにくく整える手作り化粧品

毛穴は、その数を変えることはほとんどありません。数や大きさかたちも、気になりますよね!ところで毛穴の黒ずみは、汚れというより、トンネルのような影です。ここでは、その気になる毛穴を整える手作り化粧品の作り方について紹介します。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もい...

≫続きを読む

 

小さないぼを取り除く手作り化粧品

小さくてもいぼっ的になりますよね。そこで、取り除くことができる手作り化粧品の作り方を紹介していきます。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もいれば合わない人もいます。トラブル防止のために、肌に傷があるときや、湿疹等があるときは使用しないようにしましょう。合わないと...

≫続きを読む

 

顔の産毛を減らす手作り化粧品

顔の産毛って気になりますよね。しかもエステでは顔の産毛の永久脱毛をやっているとことは少ないです。そこで自分で作っちゃいましょう。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もいれば合わない人もいます。トラブル防止のために、肌に傷があるときや、湿疹等があるときは使用しないよ...

≫続きを読む

 

ニキビを取り除く手作り化粧品の作り方

ニキビって気になりますよね!早い子は中学にはかなり顔にできています。ニキビの主な原因はアクネ菌です。アクネ菌と聞くと悪い菌のように聞こえますが、皮膚の上にいる常在菌で、普段は、皮脂を餌に、弱酸性の脂肪酸とグリセリンに分解しています。これは、肌に保湿に大きく貢献しています。角質が薄くなるなどの原因で水...

≫続きを読む

 

ニキビ跡対策の手作り化粧品

ニキビも気になりますが、ニキビ跡ってもっと気になりますよね。ここでは、そんなニキビ跡に効果がある手作り化粧品の作り方と使い方を紹介しています。あくまでも自己責任で作ってご使用ください。効果には、個人差があり、合う人もいれば合わない人もいます。トラブル防止のために、肌に傷があるときや、湿疹等があるとき...

≫続きを読む

 

マッサージの注意点

体にはマッサージはとてもいいことです。ただ顔の場合は、とてもデリケートであり、皮膚の上をこするようなマッサージは、ほとんどの個所でやってはいけません。肌を傷めるだけで、また、肝心の筋肉のマッサージになっていません。あまり痛すぎるマッサージは基本やってはいけません。悪影響です。ただし個所によっては、結...

≫続きを読む