手作り化粧品の材料表

こちらのサイトでは、手作り化粧品の材料に多くの野菜や香辛料を使いますが、
それだけでは作れない化粧品も多くあります。

 

手作り化粧品の材料

 

そこで、手作り化粧品の材料に使う材料について説明していきます。
知ることによって、作るものが増えるでしょう。何といっても何が入っているか知っていると安心です。

 

手作り化粧品の材料は覚える必要はないです

 

なお、ある程度知っていれば、調べ直してもいいですし、初めは覚える必要はありません。

 

ビタミン誘導体
メラニン色素を生成抑制する成分です。
L-アスコルビン酸 2−グリコシドは粉末状で、ビタミンとでんぷんを原料にして、それを微生物由来の糖転移酵素を使って作られています。

 

二酸化チタン
紫外線予防する成分です。
鉱物の細かい粉で、水や油にはとけません。肌全体に伸ばして使います。

 

セラミド
うるおいを与える成分です。
乾燥肌や、アトピー性皮膚炎の人に使えます。

 

プラセンタ
さまざまの若返りの効果が報告されています。
豚の胎盤由来のエキス。なお人間の胎盤からとったものは医薬品に。植物由来のものは、効果は疑問です。

 

海洋性コラーゲン
保水力と弾力を与える成分です。
さけ、きはだ、たら、かれいなどの魚の皮が原料です。たるみ解消などに効果。

 

重曹
脱臭、綺麗にする成分です。
重炭酸ソーダ石から作られています。炭酸水素ナトリウムを含んでいます。弱アルカリ性。
食用のタンサンを選びましょう。タンパク質をやさしく分解するため、使いすぎは注意。

 

クエン酸
酸性です。

 

アスピリン
サリチル酸が、炎症性のニキビの形成を防ぎます。
脂肪比率のバランスを良くして、皮膚を乾燥させないように保湿します。
滑らかな肌にします。
真菌の発生を取り除きます。ふさいだ肌を取り除きます。

 

 

 

関連ページ

ナチュラルコスメの容器について
滋賀県東近江市八日市で営業している美容室です。おうちで出来る、手作りクリーム、ナチュラルコスメの容器について注意事項を書いておきます。
ミネラルオイルについて
滋賀県東近江市八日市で営業している美容室です。おうちで出来る、手作りクリームの材料について公開しています。すべてが悪いとは言いませんが、ミネラルオイルを使い続けることはあまりお勧めしません。
エマルシファイイングワックス
滋賀県東近江市八日市で営業している美容室です。おうちで出来る、エマルシファイイングワックスの作り方について