シミ、くすみ

シミは嫌なものです。

 

紫外線などの刺激から体を守ろうとして、メラノサイトという細胞が、メラニン色素というものを大量に作って起きたものです。
通常ターンオーバーという肌の若返りのサイクル28日が年齢などの原因で、乱れて遅くなり、色素が残ってしまっている状態です。

 

シミ

 

老人性色素斑というのが、一般的に多いです。老人性といっても20代から出始めるケースが増えてきていますね。
日傘や、日焼け止めクリームを通り抜けた紫外線が悪さをします。

 

そばかすもシミの一種で、遺伝性が強く、学童時期から出始めます。色が白い人の方が多く、左右ほぼ対象に出ます。

 

女性に多いのが肝斑です。紫外線意外に、肌のこすりすぎも原因の1つです。

 

化粧品

 

多くの女性は、化粧品できれいにされていますが、それでは元から治りません。

 

一番、早く効果を感じられるものはレーザーです。ただし全員に良いかは、そうでもない方もおられます。
思っておられるほど高くはつきません。

 

美容整形が抵抗ある方には。。
医薬品や、医薬部外品がいいです。
これを使えば、シミのある所まで成分が届くでしょう。

 

東大病院などで使っているシミ取りのクリームはかなり効果がありますが、金額が高いです。

 

現在、ヒト幹細胞が入った化粧品を使い、シミにどれくらい効果があるか実験しています。
もともと人間にはヒト幹細胞がありますが、年齢とともに減少して、ターンオーバーの時間がかかるようになるので、
これを短期間、つまり28日の戻すのを助けます。

 

手作り化粧品は、対策の1つ。
時間をお気長作り方を紹介しつつ、自分でも使っています。

 

内臓との関係

 

なお、胃の襞にある毛細血管にも注目して、少しでも毛細血管のゴースト化をさせないようにします。
胃のひだの毛細血管が減ると、ひだが少なくなり、胃腸粘膜のターンオーバーも低下します。
胃腸粘膜の細胞も新陳代謝できない状態になっていきます。
これらの事により、食べたものが長時間胃にあることにより、胃もたれ、胃腸炎、胃潰瘍などが起こり、
このことによって腸では、便秘や下痢、また老廃物やガスがとどまることにより、
腸の粘膜から体内に老廃物が回り、シミの原因になっています。

 

シミ対策

 

気になるシミ、くすみを一刻も早く取り除きましょう。
気になりますよね!

 

そして、ファンデーションに頼らない、ファンデーションのいらないお肌を作っていきましょう。