手作り化粧品の材料について

私は手作りで、しわ、シミ改善の化粧品や、白髪、育毛のローションを作っています。

 

最大の利点は自分に合ったものが季節などに応じてできることと、
何より防腐剤が入っていないことです。

 

ただしその分作ったものの日にちがしません。

 

原材料は、薬味に使うようなものが多いですね!

 

基本食べられそうなものが多いです。

 

ただちょっと匂いに好き嫌いがあるでしょう。

 

主なものは玉ねぎとは¥か、コーンスターチとか、コーヒーなど。

 

なお、アレルギーや傷など、使えないときもあり、
とにかくあわないときはすぐに使用を中止してください。

 

また1か月も使って、なにも変化を感じないときも他のに変えたほうがいいですね。

 

それでは、それぞれの食材?について徐々に解説していきます。
なお、1つのものに対して、色々な意見があるのは理解しています。

 

<玉ねぎ>
しわなど皮膚の老化のサインを削除(抗酸化物質)肌との戦いの兆候を
引き締め

 

玉ねぎにはカリウムが含まれているため、塩分の摂り過ぎを調整してくれます。
カリウムは塩分を体外に排出する作用があり、
玉ねぎ100gあたりに含まれているカリウムの量は、150mgです。

 

玉ねぎには食物繊維が多く含まれます。便秘対策に役立ちます。
100gあたりの含有量は1.6gです。

 

玉ねぎにはオリゴ糖が多く含まれます。
オリゴ糖は腸内において善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えるのに役立ちます。

 

玉ねぎには匂い成分である硫化アリル」が含まれます。
硫化アリルは血流を促す作用があります。身体の末端部分の血行をよくして身体を温めてくれるため、手先や足先の冷え対策に役立つ成分です。その他、硫化アリルは血液が固まる作用を遅らせ、血栓ができるのを抑える作用があります。

 

 

<米>
肌をひきしめて、しわを治療、老化の初期兆候と戦う。コラーゲン産生を刺激して皮膚の弾力性を改善します。ニキビ、黒ずみにも効果。

 

<卵>
早期老化と戦います。
白身・・肌を引き締め、しわを減らします。
黄身・・滑らかでやわらかい肌を作ります。

 

<レモン>
毛穴を詰まらせる死んだ細胞を取ります。毛穴を引き締め、黒ずみ治療。

 

<コーヒー>
死んだ皮膚細胞を取り除き、皮膚を引き締めます。ビタミンDが含まれています。

 

<はちみつ>
イギリスでは、はちみつの歴史は、人類の歴史といわれるほど、昔から使われてきたものです。
クレオパトラが使っていたのは有名ですよね。
ニュージーランドのマヌカハニーは、医療機関でも使われます。
栄養成分約190種類。なおはちみつは大きく分けて3種類販売されているので、果糖を加えたものや、精製されたものは、使わないほうがいいです。純粋と書かれたものにしましょう。
殺菌効果、保湿効果、肌の老化対策、シミ、しわ、くすみにも、毛穴をきれいにする効果もあります。
合わない人もいるので注意、必ずパッチテストをしましょう。

 

アミノ酸、ナイシアン、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、ビタミンC、ビタミンB

 

<ミツロウ>
ミツバチが巣を作るために出すワックスです。
お薬にも使われます。
抗菌効果、保湿効果、防水性、アトピーなどのかゆみ改善
オーガニック認定商品を使いましょう。

 

<ミルク>
毛穴を狭くします。肌に透明感を与え、しわや小じわをできなくします。

 

<ジャガイモ>
肌の健康を保ち、引き締めます。

 

<シアバター>
アフリカで生えているシアの木の種からとれる植物性油脂です。
肌に潤いを与えます。
未精製の方が栄養価が高く、効果が高いといわれます。
敏感肌の人には生成されたものを使いましょう。

 

<ビタミンE>
肌に潤いを与え、損傷した肌の治療を促進。

 

<ターメリック>

 

<チアシード>

 

<クローブ>
私が最も多く使う素材の1つです。
熱帯地方で栽培されている木のつぼみです。
香辛料にも使われていますね。
肩こりの薬や、歯磨きの原料にも使われています。
頭皮や肌全体に使っています。

 

<アーモンドオイル>
アーモンドから作ったオイルです。
ゆっくりと浸透していきます。

 

<アーモンド>
肌に栄養を与え、シミしわの改善、トーンを明るくしていきます。

 

<荏胡麻(えごま)>

 

<アロエベラジェル>
肌に潤いを与えます。

 

<アボカドオイル>
アボカドから作ったオイルです。
オレイン酸やビタミンが豊富に含まれています。

 

<アルガンオイル>
アルガンの木の種のオイルです。
ビタミンE、リノール酸
アンチエイジングに注目のオイル。若返りのオイル
シミ、しわ、そばかす

 

<ビタミンAオイル>

 

<オリーブオイル>
オリーブから作ったオイルです。
洗浄力もあります。

 

<オリーブスクワラン>
オリーブオイルからスクワランだけを取り出したものです。
代謝を高める効果があります。
人の皮脂に近い成分で肌になじみやすい。

 

<ローズヒップオイル>
野ばらから作ったオイルです。
必須脂肪酸が多く含まれます。
アンチエイジングや、美肌化粧品を作るときに使用。
酸化しやすい

 

<ザクロの種オイル>
年齢肌、乾燥肌
エラグ酸・・ポリフェノールしわを防ぐ
プニカ酸・・オメガ5脂肪酸、肌の修復保湿
抗酸化物質・・しわ対策
ケラチン生成細胞への刺激

 

<クランベリーシードオイル>
殺菌、美白効果、たるみ、日焼けの改善、乾燥肌、年齢肌
キナ酸・・殺菌作用
トルコリエノール・・ビタミンの一種
オメガ=3、オメガ6・・脂肪酸、抗酸化作用

 

<ホホバオイル>
ホホバの実から作られたオイルです。
保湿効果、肌を柔らかくする、体内から水分が蒸発しにくくする、さまざまな美容成分
腐りにくく、人間の肌にもともと存在する油に非常に近い

 

<シアバター>
シアから作ったバターです。
スキンケアに関係するものに使います。
保湿効果、保護効果、紫外線のダメージケア
市販ではカラー剤に使われていますね。
生成されていない低温で絞った有機栽培のものを使用しましょう。

 

<コーンスターチ>
トウモロコシから作られたでんぷんです。
けしょうひん、ボディー用、バスタイム用など様々に使えます。
化粧用のより粒子の細かいものもあります。
肌をやわらかくし、引き締め、しわと戦います。

 

<キサンタンガム>
トウモロコシなどのでんぷんを発酵させて作った多糖類です。
植物性の増粘剤です。
水に混ぜるととろっとします。

 

<グリセリン>
脂肪などからとれる粘性のある液体です。
アルコールの一種です。
匂いもなく透明です。甘みがある液体です。
保湿、肌を柔らかくするのに使います。
皮膚の常在菌が、グリセリンを作っていることがわかってきています。

 

<ネロリ精油>
オレンジビターの花から作った精油です。
収れん作用によって、シミやたるみを予防
精油は絶対に入れすぎないでください

 

<フローラルウォーターネロリ>
ネロリ精油を抽出した時にできるウォーター
収れん作用と保湿
そのまま使えます。

 

<ダマスクローズ精油>
バラの花から作った精油です。
高価なものです。

 

<フローラルウォーターローズ>
ローズ精油を抽出した時にできたウォーター
乾燥によってて来たたるみを解消。

 

材料は・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作り化粧品の材料について記事一覧

ナチュラルコスメの容器について

ナチュラルコスメは、ここで紹介しているように主に有効成分の高い植物などで手作りしています。大きなメリットは、防腐剤が入っていないことです。多少は精油を入れてカバーすることもありますが、雑菌には弱いので、綺麗に洗うアルコールでふくなどにより、きれいさを維持したものに入れてください。もちろんな髪の入った...

≫続きを読む

 

ミネラルオイルについて

私も多少は使い、利点も知っていますが、ミネラルオイルは使い続けると結局乾燥肌などになっていきます。ミネラルオイルは、石油から作られた誘導体です。鉱物油、エステル、ワセリン、流動パラフィン、ベンジルアルコールなどの表記皮膚の上に幕を作ってくれ、分解、代謝されにくいという利点もあります。けがなどの時に、...

≫続きを読む

 

エマルシファイイングワックス

簡単に作ることができる乳化ワックスです。オイルと精製水を60度くらいにあっためた状態で、3分ほど混ぜて、続けて1分冷やした状態で混ぜます。パーム乳化ワックスは生活の木などで販売されています。クリームや乳液の材料となる水と油は、本来お互いに混ざり合わない性質を持っています。これらを混ぜ合わせる役目をす...

≫続きを読む

 

手作り化粧品の材料表

こちらのサイトでは、手作り化粧品の材料に多くの野菜や香辛料を使いますが、それだけでは作れない化粧品も多くあります。そこで、手作り化粧品の材料に使う材料について説明していきます。知ることによって、作るものが増えるでしょう。何といっても何が入っているか知っていると安心です。なお、ある程度知っていれば、調...

≫続きを読む