手作り化粧品コスメの危険性と注意点

世の中には良いものでも、100%というものは存在しないでしょう。
これは、多くの人が経験している化粧品の世界でも同じです。

 

手作り化粧品危険性

 

特に、日本人の肌は他の国の方より薄いといわれ、
敏感肌やアトピー、の人にとっては、本当に良い化粧品を求めるのは大変です。

 

私も、敏感肌やアトピーの方には、手作りではなく、
べルヴェルテの化粧水を進めています。
これは、
ペーアッシュを扱っている美容室で手に入れることができます。

 

手作り化粧品注意点

 

さて、手作り化粧品は、玉ねぎやバナナ、グリセリンやビタミンなどを使います。
有効成分の高い植物を化粧品のために使います。
デトックス効果などが高いものを使うため、それなりに刺激が強いです。

 

精油などを使うときは特に刺激が強いので要注意です。
はちみつの食べる時より、肌に塗る方は、アレルギーが少ないといわれますが、
食べて、アレルギーが出る人は使わないほうがいいですね!
レモンは、美白効果など高いですが、アトピーの人にとっては危険物です。

 

また、防腐剤が入っていないと腐りやすいので、
化粧品では、1週間以内に使ったほうがいいです。
密封容器で冷蔵庫保管。
もちろん作るときは、手指のアルコール消毒は必ず行ってください。
作業に影響がなければ、手袋の使用もおすすめします。
もちろん容器や、作るために必要な機材はきれいにしておいてください。
プラスチック容器は、傷がつくのでお勧めしていません。

 

初めて使うときは、パッチテストは必要です。
通常使うときは、色、匂いには気を付けてください。
おかしいと感じたらすぐに捨てて作り直しです。

 

手作り化粧品失敗

 

とにかく作りすぎは絶対ダメ。
なお、体調や、季節におおじて、分量は調整してほしいのですが、入れすぎないことです。
効果がある成分だからと言って入れすぎは逆効果です。

 

手作り化粧品成功への道

 

色々試して自分に合ったものを見つけ、
今の自分に合った分量がわかるようになっていきましょう。

 

植物の力を借りて、綺麗になれます。

 

若さはすぐそこにいます!

手作り化粧品コスメの危険性と注意点記事一覧

パッチテスト

どんなに良い素材と思っていても、個人個人、また季節によって、合わないときがあります。そこでパッチテストをやりましょう。その素材、その手作り化粧品を自分につけた時に、合うか合わないかです。合わないときは絶対使用しないでください。トラブルの元です。自己責任なのです。やり方は、素材や、作った化粧品を少量二...

≫続きを読む